BURTON BOOT DRIVER-X

ショッピングサイトデータ
楽天市場
¥28,665
価格.com
¥28,665
オールマウンテインフリーライドブーツです。
スピードゾーンシステム採用。最高のグリップ力を発揮します。
ブーツはソフトタイプとハードタイプのブーツがあり、どのタイプを選ぶにしても、自分の足にしっかりフィットし、保温性、耐久性、軽くて履きやすいブーツを選びましょう。

安くいいブーツを手に入れるのは、スポーツ店で試し履きしてネットで購入する。大切なのは買う前に実際履いてみることですね。

ブーツ選びのコツ
フィットしているか
基本はぴったりのブーツです。ちょっと大きいのは靴下でカバーできるとか、ちょっと小さいのは我慢できるとかはだめです。
靴下をきちんと履いて、実際にて実際に履いく。もちろんひもを両足とも完璧に結んだ状態でフィットしているかをチェックしましょう。

この状態で全体的にきつくないか。つま先がきつくて動かせない状態になってないか、指が圧迫されてないかをチェック。痛いと感じるところがあればNG。できれば屈伸したり、歩いたり、ジャンプしたりとフィット感をチェックしましょう。

逆に緩いのもNGです。指が自由に動き過ぎることはないかをチェック。足がブーツの中で自由に動きすぎると、ボードに力が伝わりにくく、ターンの時などボードを上手くコントロールできなくなるので注意。
つま先が軽くインナーに触れる感じがベスト。指先を軽く開いたりでき、つま先立ちしてみてしっかり指先がふんばれるかチェックしよう。

足首がちゃんとフィットしているかをチェック。足首がフィットしていないとかかとが浮きやすくなってしまうので気をつけよう。かかとが浮いてしまうと上手く力をかけられず、ターンしにくくなるうえ、靴擦れの原因になってしまう。足首がゆるくないか、前傾姿勢や屈伸をしてみてかかとが浮かないかチェックしよう。

硬め、柔らかめ
柔らかいブーツほど足にフィットし、硬いブーツほど加重したときの反応が良い。初心者の人は、柔らかめのブーツを選ぼう。あまり硬いと反応がよすぎ、滑りにくい。ターンをする時にヒザや足首を曲げる動作も多く、柔らかめで動きやすいブーツの方が滑りやすいです。

まぁ。ブーツってのは履いていくうちに結構足の形に合わせてやわらかくなっていくものですからねぇ。。。だから、はじめから柔らかいのってなるとレンタルのブーツみたいにすぐにやわらかくなっちゃうかもね。

ビンディングとの相性
バインディングにブーツが乗るかをチェック。
ブーツの幅より大きくて余分にスペースがあったり、逆にきついものでピチピチ過ぎて入れるのに苦労するもの、またはブーツが入らないサイズのものもあるので注意。

ハイバックにブーツの背がしっかりフィットしているかもチェックしよう。ビンディングの調整分もきちんと考慮しましょう。

オススメ
Burton SABBATHBURTON MOTOK2 T1SALOMON F DBSALOMON VIGIL sesami
↑ TOP ↑

posted at 2006/01/11 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。