FireFoxを使い倒す

 ここでは、Firefoxの更なる使い勝手のよさを説明します。自分に合わせて機能を拡張して行きましょう。

機能拡張
まずは、機能拡張を加えて充実した機能を持たせましょう。
機能拡張 機能説明 ここが○、ここが×
ScrapBook ・Webpageを保存できる
・ノートをサイドバーで取れる
 簡単にページを保存することが出来る。しかも、ウェブ内のリンクも残して保存してくれるので後で見てもジャンプすることが出来る。
Sage ・ブログをRSSから読める
・更新を確認するのが簡単
ス タイルシートを替えることで、もっと自分にあった形式でブログを読める。
Adblock ・Web上の広告を消すことが出来る
・Flashも消すことが出来る
・広告を読み込まない分だけ
 同じURLからの広告を登録しておけば、次回からその広告を読み込もうとしなくなります。
 注意点として、ログインボタンを画像にしているサイトではどこでログインするかわからなくなる可能性もあり。
IETab ・タブにIEを起動出来る
・Firefoxが動かないサイトに有効
 Firefoxの機能がそのタブでは使えないのが不便。
Super drag & Go ・ドラッグでリンクを開ける
・ttp://...のリンクもジャンプできる
 これがあるのとないのではだいぶ違ってくる。一番何気なく使っている機能だと思う。
Tab Mix plus ・タブ機能をパワーアップできる  他にもタブの機能拡張はあるがこれが一番安定していて使いやすい。
Screen grab! ・ページを画像にして保存することが出来る  Javaを使っているので若干遅い。でも画像で保存できるのはうれしい。
Spellbound ・スペルチェックが出来る  辞書をダウンロードすることでウェブに書き込む文章のスペルチェックが出来る。これで海外サイトへの書き込みも安心。
Search Engine Wizard ・検索エンジンを追加できる  簡単に検索エンジンの追加を行うことが出来る。
SearchPluginHacks ・検索エンジンを削除する  簡単に検索エンジンの削除を行うことができる。

テクニカル
1.機能拡張をいっぺんに入れる
 簡単です。機能拡張ファイルを一度PCに保存しておいて、複数を選択し、それらをFirefoxにドラッグ&ドロップすれば一度に複数の機能拡張を入れることが出来ます。
2.Firefoxの調子が悪い
 変な機能拡張とか入れてしまって調子が悪くなってしまいました。で、もって再インストールしても変わらない、そんなときは、UserAgentと切り替えるといいでしょう。 これは、UserAgent設定にて出来ます。
1.『スタート』メニューを開く
2.『ファイル名を指定して実行を開く
3.『Firefoxのルートアドレス+firefox.exe -p』と入力
  ex:"C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe" -p
4.OKで立ち上がると思います。
↑ TOP ↑

posted at 2006/03/22 | TrackBack(0)
この記事へのトラックバック