自動車の中の電気の使い方

車社会で毎日つかう自動車。できるだけ便利に自分に合わせた、小さな基地になるようにしたいですよね。

車の電源、電圧について
車の電源 エンジンが回っているときに、発電機も回り、バッテリーに充電され、バッテリーからライトやらエアコンやら、ワイパーやらに電源が供給されます。

 バッテリーに充電され、車で使用される電源は12V、24Vの直流電源です。このため、家庭用家電製品はコネクタを変えれば使えるというわけではありません。だって、家庭用は交流100Vでしょ?

 そんで、車で電化製品を使うとなるとシガーソケットから電源を取り、ケイタイ充電やら、ライトやらを使用することができるようになります。
家電はダメ シガーソケットを使う
[2365]車で使える100Vコンセント コンプイン シガーソケット専用インバーター【サングラスの店ワールドファッショングラス】 ちなみに、シガーソケットからの電源を交流100Vに変換するグッズもあります、これを使えば車の中でも家電を使えるようになります。パソコンだって、プレステだって使えるようになっちゃう代物です。でも、バッテリー上がりだけには注意してください。

購入はこちらから⇒車で使える100Vコンセント
車の電源を分岐する
カーバッテリーソケット分配器 DCC-25[DCC25]【J:4901780382873-2-342】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】 シガーソケットは基本車に一個しかついていません。でも、使いたい機器は一個とは限りませんね。で、シガーソケットを分岐して、多数の機器を使えるようにしましょう。

 これはそんなに難しくないですね。小学校でやったことがあると思いますが、直列つなぎと並列つなぎのやつです。ここでするの直列つなぎですね。うそー。並列です。

 自作してもかまいませんが、オートバックスやイエローはっととかに行けば売っているのでそちらを使ったほうが簡単でしょう。シガーソケットにさしたら、シガーソケットが2つ、3つ...になるってやつです。最近はUSBのついているものもあるので、そういったものも便利でしょう。USBによるiPodの充電とか、デジカメ充電とかいろいろ使えますね。

 購入はこちら⇒カーバッテリーソケット分配器
シガーソケットがない、シガーソケットを取り付ける
 取り付けましょう。簡単です。では早速...

 簡単なところは、ヒューズボックスから取る。
運転席の足元にヒューズボックスがあるので探し、ヒューズボックスのヒューズを抜き取り、代わりに電源の取れるヒューズに交換する。これで、+側の接続はOKです。このときに注意したほうがいいのは、どのヒューズと抜くか。運転に支障の出ないものを抜きましょう。失敗して車動かなくなったりしないようにね。

 お勧めは、アクセサリーのヒューズです。要はカーオーディオとかに使われているヒューズですね。

※車種により平型ヒューズとミニ平型ヒューズがありますのでどちらのタイプか確認してください。

ヒューズボックス
 次に、−側の接続です。簡単です。車の金属部に接続すればOK。ネジとかとまっているところに、かませるだけですね。

 右に接続図のまとめを描いときます。
接続図
 最後に、ダラーっとしたコードをかっこよくしまって完成です。

そんなに難しくないでしょ?
次回はカーオーディオ取り付けです
↑ TOP ↑

posted at 2006/03/29 | TrackBack(0)
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15723918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。