ETCを取り付ける

ETCの取り付け これは簡単、カーオーディオを取り付けたことがある人なら誰でもできると思います。でも面倒くさいです。なにがって?それは、手続きなどです。

しなければいけないこと の三点になります。
では早速...
ETCの車載機を購入
 まずは、ETCを購入しましょう。で、そのときに注意しなければならないのは、セットアップのみをやってもらい、取り付けは自分ですると言って、自分でするようにしましょう。オークションで買えばまったく問題ないですね。ちなみに、お店でセットしてもらうと工賃が5〜6千円します。馬鹿みたいじゃないっすか。

購入のポイントとして、
アンテナ一体型と分離型があります。一応、こんな感じと説明しておきます。
一体型 ・本体にアンテナ部が内蔵されている
・車載機を取り付けるだけでOK
・本体価格は分離型に比べ安い
・取り付け位置が限られることがある
・フロントガラスに直接取り付けるタイプもある
分離型 ・本体とは別にアンテナ部がある
・本体を見えない位置に設置できる
・本体価格は一体型に比べ高い
・アンテナのみの設置なので邪魔になりずらい
ETCアンテナ内蔵 ETCアンテナ分離
アンテナ一体型アンテナ分離型


特に、お勧めの機種とかはETCにはないと思います。だって、これだともっと安くなるとか、こっちのほうがおしゃれだとか...ほとんど変わりないじゃん。だったら安いので十分だと思いますよ。
楽天市場で探すETC本体アンテナ内蔵型アンテナ分離型
オークションで探すETC本体アンテナ内蔵型アンテナ分離型
セットアップ
 これは自分では出来ません。これは不正防止のためで、ETC本体に自動車の情報を記録させています。ですから、一度セットアップされたETCを他の自動車へと勝手に取り付けてしまっても、高速道路のゲートは開かないと思います。ただし、ETCカードは交換しても大丈夫です。こちらにはクレジットカードの情報で支払いのことしか記録されていません。

 セットアップを行ってくれるお店は、近くの自動車関係のお店にいってやってもらいましょう。このときに、ネット申請対応であればすぐにセットアップが終わります。

セットアップを行ってくれる場所はここから検索⇒セットアップ
取り付け
 さて、いよいよ取り付けです。配線自体はカーオーディオの取り付けを行ったことのある型ならそれほど難しくはないと思います。ただ、取り付けにいろいろ決まりがあります。それらをきちんと守って取り付けをおこないましょう。

配線
 まずは配線です。プラス側から接続します。ACC電源を使っているコードを探しましょう。これは、アクセサリー電源で、エンジンのかかっている時のみ、電気を供給する電源です。たとえば、カーオーディオやシガーソケットなどですね。もうひとつ常に電気を供給しているのもあります。ヘッドライトなどです。

 一般的に、オーディオの電源を分岐するとよいでしょう。わからないようであれば、ヒューズボックスから探してとっても問題ないでしょう。このときは、運転に支障の出ないものから電源をとるようにしましょう。

 次に、マイナス側です。これは、簡単で車体の金属部に接続するだけでオッケーです。カーオーディオと同じですね。

設置
 次に、一体型であれば本体、分離型であればアンテナ部の設置を行いましょう。この時、一応どこに設置しなければならないとか決まりごとがありますので、図に簡単にまとめておきます。
アンテナ一体型アンテナ分離型
ETC 取り付けETC 取り付け
ETC 取り付けETC 取り付け
↑ TOP ↑

posted at 2006/04/06 | TrackBack(0)
この記事へのトラックバック