月の土地販売中...

ショッピングサイトデータ
ルナエンバシージャパン
¥2,700
月の土地を買ってみませんか?
1エーカー(約1200坪)の広さが、なんとたったの2,700円です。
他にルナエンバシーでは土星、金星も販売しています。

月の土地を販売って?

アメリカ人のデニス・ホープ氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、調べてみました。すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、いわゆる宇宙条約しかなく、この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。

別に個人的に所有しても良いっということですね。そこで同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されてしまったのです。

これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、『月の土地』を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

基本セットでは、権利書に加え、月の土地権利書(和訳・A4)、月の憲法(和訳・A4)、土地所有権の宣言書コピーが含まれています。裏には月の地図とあなたの土地の所在地を示したマークがあり、あなたの土地も一目瞭然。


どんな人が購入してるの?

アメリカの有名企業も次々と購入したことにより、米国内で購入者が急増。以後世界中に販売を続け、現在全世界 175ヶ国、約130万人の「月の土地」の所有者がいます。日本でもすでに、約6.5万人の方が月のオーナーになっていて、みなさん良くご存知の有名人の中にも月のオーナーはいます。


関連商品

月のほかに火星、金星の土地も販売しています。もちろんそれぞれの土地でも権利書、地図、憲法が含まれています。


こんな方にオススメ

今までに見たこともないプレゼントをしたい方、ちょっと変わったものを上げたい方にぴったりだと思います。また、天体観測が好きな方へのプレゼントにも良いかと思います。月を見るときにアレが自分の土地って自慢できるよ(笑)。そうなると月を見る楽しみも大きくなるのではないでしょうか?

↑ TOP ↑

posted at 2005/11/28 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。